« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

6/6の日常

 今日は、本来作業しなければならないところではなく、順序としては先にやることにしても問題ないが、せっかく北海道まで来ているんだから、お前ついでにやっていけという現場へ。まだ運用開始していない現場なので、制約もなく、やたら遠いだけ。狩勝峠を超えるのは、今は昔、新婚旅行代わりに北海道に来て以来だ。ただし、その時は東から西に、一般道で超えたんだけどね。

 札幌から3時間かけて移動し、実質作業は1時間弱。まだ工事が完了していないので、作業結果の最終確認はできないけど、まず間違いはなかろう、ということで、先に引き上げることにして、根室本線の駅まで送ってもらう。思いっきり無人駅だった。
 帯広駅から空港バスでとかち帯広駅まで移動するに、1時間以上の待ち時間がある。これ幸いと、駅からはちょっと離れている豚丼の店へ。先週「帯広行くならここがうまいよ」と紹介された店だ。確かに片道15分あるく価値はあるくらい、うまかった。ちなみに、帯広駅にある豚丼屋は先週北広島で食べた豚丼屋の本店だった。
 まだ時間はあったので、駅前のスーパーの本屋に寄り道。おぉ、ここはなかなか大きい本屋だな。

 帯広駅前からバスで空港まで移動し(途中「幸福駅」もあったけど、さすがに寄り道できない)、夕方のフライトで帰京。まんまと窓側を確保できたが、曇り空で何も見えなかった。つまらん。羽田は大雨だったが、ボーディングブリッジが使えず、タラップとバスのわずかな隙間でも結構濡れる。ちぇ。ちょうど帰宅ラッシュの時間であったが、南武線が座席確保できたのは幸いだった。
 2か所残った現場もいずれいかないといけないかと思うとちょっとやな感じだが、とりあえず来週とかまたすぐいけということにもならんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/5の日常

 今回の巡業では予定されていた最後の現場。実は回らないといけないところはあと2か所あるんだけど、諸般の事情でまた別の機会ということになった。

 ちょっと遠い現場ではあったが、現地工作員が飛ばす飛ばす。ので、ちょっと早く現場入り。つつがなく予定の作業をこなす。

 札幌泊は今日が最終日なのと、YOSAKOIが始まっていたので、大通り公園の会場まで行ってみる。本格的にはこの土日なんだろうが、メイン会場はもう始まっているということで。ただし、「有料座席」でないとろくに見えなかった。会場の前を一回りしただけ。一人で呑むのも楽しくないので、各地の名物料理もパス。結局今日の夕食はコンビニ弁当にした。

 今日はなぜだかネットが早かったので、ほったらかしにしていたgaccoにログインして、今週末締め切りの課題にやっと手を付ける。うーん、さすがにiPadだけでは手に余るな。自宅に戻ってからでも間に合うかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/4の日常

 今週の宿は朝食がセットにない(別料金で食べられる)ので、朝はちょっと歩いて、牛丼屋。まだ6時だというのに、朝帰りの?おじさんとケバいねーちゃん3人組とか、学生とみられる若いグループとか。この直前にオーダできてよかった:-)

 昨日と同じ現場の二日目もつつがなく終わる。現地工作員はまだ作業が残っているということで、最寄りの駅まで送ってもらって、地下鉄で帰宿。ホテル最寄の駅とは路線が違うが、このあたりだろうと適当に検討を付けて出たら、ほぼベストの出口だった。ただし、宝くじ売り場により道したので、ものすごく遠回りしたけど。

 おとといから読んでいた「日本の吹奏楽史」読了。明治になってから「日本の吹奏楽事始め」的なところは興味深く読む。ドイツかフランスかで始まったものが、結局戦争後アメリカ寄りになってしまうきっかけというか歴史的経緯をもう少し知りたいところだ。戦前戦中の「産業報国」に依る「興隆」については、ここで初めて知る。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/3の日常

 朝、現地工作員に迎えに来てもらって、今日の現場へ移動。今日は一番近場の現場かも。といっても車で移動だし、今回の巡業ではずっと後席に座っているので、よくわからない。ものすごくごちゃごちゃとした道を通っている気がする。一番規模が大きい現場なので、ちょっと緊張して作業するが、大きな事故もなく、早めに撤収。

 宿の近所に”Little Juce Bar"の本店があることが分かったので、夕食前に出かける。この間は一口ほどしか食べなかった「イチゴけずり」をオーダー。レジ番していたねーちゃんは、ちょうど土曜日にまんパクに来ていたらしい。じゃあ、会ってるかもしれませんね、と言われるが、まんパクで買ってきたのは妻の人だし。ちょっと量が多いかなとも思ったが、結局飽きることなくペロリと食べる。

 ぶらぶらと腹ごなししてから、夕食、帰宿。外出するときに鍵を預けに行った一瞬しか顔を見せてないのに、戻った時に、名前をいうことなく鍵を出されたのは、フロント係としちゃ大したものなのかも。変な目立ち方してるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/2の日常

 朝4時半起きで、出張移動。それでも「朝2」の便なので、電車で移動。「朝1」だと電車では移動できず、高速バスでの移動になる。過去に一度だけ乗ったことあるが、バスだと時間通りにつかないリスクがあるので、電車で移動できる便で幸いだった。

 せっかくの明るい時間のフライトだったが、窓側は取れず、次善の選択で、クラスJの直後の普通席。シートの幅はクラスJより狭いが、前席との間隔は非常に広い。おまけに両隣も空席だったので、非常にゆったり快適なフライトだった。
 新千歳空港到着後、迎えの現地工作員の車で現場まで移動。今日はつつがなく作業終了。

 今週は、先週までのホテルが予約できず、初めて泊まるホテルに投宿。いったん荷物をおいてから、付近の様子見と夕食に出かける。地元チェーン店で、この間テレビでもみた餃子カレーを食べる。カレーと餃子はそれほど悪い組み合わせじゃなかったが、ご飯の炊き方には文句あり。コストパフォーマンスはいいんだけどね。
 夕食後、その近所の新古書店に「愛に時間を」(ハインライン)の1巻と3巻があったので、1巻だけ買う。3巻だけもってるんだよ。2巻を探さないと。
 今週投宿のホテルは、最近、名前が変わったらしいが、設備そのものは変わっておらず。ちょっと古ぼけたような感じ。「ぼろ」というわけでもなく、ベッドとかに特に不満があるわけではないが、ネットがやたら遅いのと、シャワーが全く熱くならない(混合栓をお湯だけひねっても熱くない)のは大いに不満。
 土日に読んでいた文庫本を持ってくるのを忘れたので、先週から持っていた「日本の吹奏楽史」を読み始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/1の日常

 午後から所属する吹奏楽団の合奏練習。妻の人は「おおいなる」練習なので、電車で移動。今日はいつもと違う場所で、グランドピアノはあるものの、やたら高い舞台からは降ろせない。舞台は狭くてバンドは乗り切れない。ということで変則的な配置。
 以前はここでよく合奏練習もあった。のみならず「第1回定期演奏会」はここで開かれたらしい。しかし建物そのものが老朽化して、近隣の小学校の建替に合わせてその敷地に移転するということで、たぶんここで音だしするのはこれが最後だろう。「サマーコンサート」が新しい建物でのこけら落としになるらしい。

  元々明日朝から北海道で作業があるので、前日入りする→練習も早退する予定だったが、現地工作員に頼み込んで、朝の飛行機移動にしてもらったので、最後まで参加。ただし後片付けはサボらせてもらってとっとと帰る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »